Diary


Diary

Words&Music:小渕健太郎

Romaji:
Oogata DEPAATO no meiro wo samayotte yatto mitsuketa kimi wa
Shichakushitsu no KAATEN kara kao dake dashite 「kocchi kite」no aizu
「Sakizaki iku na yo!」tte okuru tsumori datta kedo
Mezurashiku daitan na SUKAATO ni MOJIMOJI shiteru kimi ga nanda ka SEKUSHII de

「Totte mo niatteru yo。Chitto mo hen janai yo。」
Zutto kirei de ite hoshii tte itsudemo omotteru
Sonna koto itta koto nai kedo

Kimi ni koishita ano hi no mama no kimochi wa kono mune ni zutto
Shinkuu PAKKU shite aru kimi to tokidoki tashikame au igai wa
itoshiki omoide no kanata kara tooi mirai no hate made
Kimi to iu jidai ga yukkuri nagaretete boku wa tada sore wo utau dake

Kimi no egaku risou no dansei sou wa shitteru kimi no PAPA desho?
Boku wa annani ganko janai yo nazeka kimi wa boku no MAMA wo RAIBARU shi
Sore ja itsuka kimi mo annani hade de otenba na OBACHAN ni naru no kana?
Neoki no SUPPIN-gao ga mireru no mo ato ni~sanjuu nen・・?

Joshuseki no POKETTO ni wa buatsui chizu-chou
Kazoekirenai fusen wa itsuka kimi to itta basho
Kenka shita basho ni wa DOKUROMAAKU

iroaseta SUWETTO to KUTAKUTA no PAAKAA go-hon yubi no kutsushita
Sonna ki no nuketa sugata no kimi wo miru tabi
itsuka tooi mirai mainichi tonari de waratteru sonna kurashi ga ukabu yo
Kimi to iru jikan ga boku wo tsuyoku suru kimi wa tada sore wo shinjite
Kigae ga sundara dekake you

Mae no kare to ga kimi no jinsei saigo no shitsuren datta tte
itsuka omoeru hi ga kita nara kono koi ga ai ni natta akashi

Futari no te no naka de atatamete yuku mono samasanai youni
Sasayakana yume to machi to kaze no nioi to shizuka na kono kurashi to
itoshiki omoide no kanata kara tooi mirai no hate made
Kimi to iu jidai ga yukkuri nagaretete boku wa tada sore wo utau dake

Kimi wa tada sore wo shinjite ite
Hareta gogo no okujou de

Kanji:

大型デパートの迷路を彷徨って やっと見つけた君は
試着室のカーテンから 顔だけ出して 「こっちきて」の合図
「先々行くなよ!」って 怒るつもりだったけど
珍しく大胆なスカートに モジモジしてる君がなんだかセクシーで

「とっても似合ってるよ。ちっとも変じゃないよ。」
ずっと綺麗でいて欲しいって いつでも想ってる
そんな事 言った事ないけど

君に恋したあの日のままの気持ちは この胸にずっと
真空パックしてある 君と時々確かめ合う以外は
愛しき思い出の彼方から 遠い未来の果てまで
君という時代が ゆっくり流れてて 僕はただそれを唄うだけ

君の描く理想の男性像は 知ってる 君のパパでしょ?
僕はあんなに頑固じゃないよ 何故か君は 僕のママをライバル視
それじゃいつか君も あんなに派手でお転婆な オバチャンになるのかな?
寝起きのスッピン顔が見れるのも あと 2~30年・・?

助手席のポケットには 分厚い地図帳
数えきれない付箋は いつか君と行った場所
喧嘩した場所には ドクロマーク

色あせたスウェットとクタクタのパーカー 5本指の靴下
そんな気の抜けた姿の君を見るたび
いつか遠い未来 毎日 隣で笑ってる そんな暮らしが浮かぶよ
君といる時間が僕を強くする 君はただそれを信じて
着替えがすんだら 出かけよう

前の彼とが 君の人生最後の失恋だったって
いつか思える日が来たなら この恋が 愛になった証

二人の手の中で暖めてゆくもの 冷まさないように
ささやかな夢と 街と 風の匂いと 静かなこの暮らしと
愛しき思い出の彼方から 遠い未来の果てまで
君という時代が ゆっくり流れてて 僕はただそれを唄うだけ

君はただそれを信じていて
晴れた午後の屋上で

~ by yoshibiro on 2008 December, 30.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

 
%d bloggers like this: