伝承


Denshou

Words & Music:ケツメイシ

Romaji:
Jizen ni nagareru namida wo ima hitotsubu namete
Omoidasu haha no ne komoriuta wo ima wa kurikaeshi
Anata yo haha yo kawaru koto no nai ai de
Ai to jiyuu wo oshieta no wa naze desuka?

Kurayami akaru tomoru hodo no
Hito wo shinji aishi omou kokoro
Anata ni dakare kanjita kodou
Me ni mienu ga kienu daiji na mono
Aisareta hibi to aisareta imi wo
Omoi okoshi koko ni modoshi toiki wo kanjitai
Ano subarashii hibi wo
Oshie tsutae kudasai mou ichido
Jibun oi to ite watashi no tame
Sonna nimo tsuyokute amai no naze?
Futo omou konna toki anata wa dou suru?
Kitto hohoemi komoriuta okuru
Nareru kana? Watashi mo anata no you
Nareru nara watashi mo anata no you
Zassou no you nukare fumare mashou
Aisubeki mono e sore wo tsutae mashou

inochi aru kagiri anata to onaji ai wo shiri tsutaete ikitai
inochi aru kagiri anata wo itsukushimi ikite itai

Ware ga ko daku tabi kokoro yasuragi
Kanjiru nukumori nazeka natsukashi
Futo kuchizusamu komoriuta wo
Haha mo utta ano uta wo
itsukushimi tsukushi yurusu kokoro
Mikaeri ni nai ai ga tsudzuku koto wo
Oshierare yawarakana mune no naka
Mamorare atatakana ude no naka
Anata wo erande umareta
Ano hi watashi wo egao de mukaeta
Sono yasashisa itoshisa yorokobi afureta
Deai no imi ni hajimete fureta
Kono yawarakana wo te wo nigiri tsutae you
Yurugi no nai kizuna wo fukame you
Katachi naku tomo kawaru koto nai to
Tada ataeru oshiminai ai wo

inochi aru kagiri anata to onaji ai wo shiri tsutaete ikitai
inochi aru kagiri anata wo itsukushimi ikite itai

Jizen ni nagareru namida wo ima hitotsubu namete
Omoidasu haha no ne komoriuta wo ima wa kurikaeshi
Anata yo haha yo kawaru koto no nai ai de
Ai to jiyuu wo oshieta no wa naze desuka?

Aisubeki itoshii mono no tame
Soko ni aru no wa kiyoki kokoro dake
Sono ai wo dare ga ubae mashou?
itsukushimi wo motte tsutae mashou
Aishite kureta no naze desuka?
Oshie tsutaerubeki tane desuka?
imada mimi nimo nokoru komoriuta
inochi aru kagiri koko ni utau

inochi aru kagiri anata to onaji ai wo shiri tsutaete ikitai
inochi aru kagiri anata wo itsukushimi ikite itai

Kanji:
自然に流れる涙を 今 一粒舐めて
思い出す 母の音 子守歌を今は繰り返し
あなたよ 母よ 変わる事の無い愛で
愛と自由を教えたのは 何故ですか?

暗闇 明るく灯る程の
人を信じ 愛し思う心
あなたに抱かれ 感じた鼓動
目に見えぬが 消えぬ大事な物
愛された日々と 愛された意味を
思い起こし ここに戻し 吐息を感じたい
あの素晴らしい日々を
教え 伝え下さい もう一度
自分おいといて 私の為
そんなにも強くて 甘いの何故?
ふと思う こんな時あなたはどうする?
きっと微笑み 子守歌贈る
なれるかな? 私もあなたのよう
なれるなら 私もあなたのよう
雑草のよう 抜かれ踏まれましょう
愛すべきものへ それを伝えましょう

命ある限り あなたと同じ愛を知り 伝えて行きたい
命ある限り あなたを慈しみ 生きていたい

我が子抱く度 心安らぎ
感じる温もり 何故か懐かし
ふと口ずさむ 子守歌を
母も歌った あの歌を
慈しみ 尽くし 赦す心
見返りのない愛が続く事を
教えられ 柔らかな 胸の中
守られ 温かな 腕の中
あなたを選んで 生まれた
あの日私を 笑顔で迎えた
その優しさ 愛しさ 喜び溢れた
出会いの意味に 初めて触れた
この柔らかなを手を握り 伝えよう
揺るぎのない絆を 深めよう
形無くとも 変わること無いと
ただ与える 惜しみない愛を

命ある限り あなたと同じ愛を知り 伝えて行きたい
命ある限り あなたを慈しみ 生きていたい

自然に流れる涙を 今 一粒舐めて
思い出す 母の音 子守歌を今は繰り返し
あなたよ 母よ 変わる事の無い愛で
愛と自由を教えたのは 何故ですか?

愛すべき 愛しいものの為
そこにあるのは 清き心だけ
その愛を 誰が奪えましょう?
慈しみを持って 伝えましょう
愛してくれたの 何故ですか?
教え 伝えるべき 種ですか?
未だ耳にも残る 子守歌
命ある限り ここに歌う

命ある限り あなたと同じ愛を知り 伝えて行きたい
命ある限り あなたを慈しみ 生きていたい

~ by yoshibiro on 2009 July, 29.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

 
%d bloggers like this: